Smoother-Fxの使い方

スムーサーの使い方

    停車中の操作

  1. シフトレバーを”N”の位置にして、ブレーキペダルをしっかりと踏み込んでパーキングブレーキを 確実に効かせエンジンをスタートします。
  2. ブレーキペダルをしっかりと踏み込んだまま、シフトレバーを前進は”D”または後退は”R”の位置に操作します。

    ブレーキペダルを踏み込んでいないと操作できません。

    クラッチの接続はアジャストスイッチで調整できます。

  3. パーキングブレーキを解除してアクセルをゆっくり踏み込むと、車はゆっくりと発進します。

    ”D”の位置ではシフトインジケーターが”D2”を表示し、オートモードでの運転 になります。(エンジンスタート初回)

  4. 走行中の操作

  5. オートモード

    シフトレバーを”D”の位置に操作します。 自動的にシフトチェンジされます。

    シフトインジケーターは使用しているギヤ段を表示します。

  6. マニュアルモード

    シフトレバーを”M”の位置に操作します。”+:アップシフト”または”-:ダウンシフト”に操作し、手動でシフトチェンジをしてください。

    シフトインジケーターは操作したギヤ段を表示します。

    停車時は、軽くブレーキを踏み、徐々に減速させながら車を停車してください。

    停車後は、発進ギヤ段(「2速」ギヤ)に戻ります。

Smoother-Fxのこれは便利!!

「1速」ギヤで発進するには

通常の発進は「2速」ギヤでの発進です。積荷がある場合など強い駆動力を必要とするときに便利です。

1速発進スイッチでの切り替え

  1. ブレーキペダルをしっかりと踏み込みます。
  2. インジケーターが”D2”を表示していることを確認します。
  3. 1速発進スイッチを押します。
  4. 1速発進モード表示灯が点灯し、「1速」ギヤにシフトチェンジします。

    インジケーターの点滅が”1”の点灯に変わるまで、ブレーキペダルをしっかりと踏み続けます。

  5. ゆっくりとアクセルペダルを踏み込み発進。

    自動的にシフトチェンジされます。

シフトレバーでの切り替え

  1. ブレーキペダルをしっかりと踏み込みます。
  2. シフトレバーを”-:ダウンシフト”に操作します。
  3. 「1速」ギヤにシフトチェンジし、インジケーターが”1”を表示していることを確認します。

    インジケーターの点滅が”D1”の点灯に変わるまで、ブレーキペダルをしっかりと踏み続けます。

  4. ゆっくりとアクセルペダルを踏み込み発進。

    手動でシフトチェンジをしてください。

ECONOモードで運転するには

エンジン回転の上昇をおさえ、走行燃費を向上させることができます。(オートモードで運転している場合のみ)
  1. ECONOモード切替スイッチを押します。
  2. ECONOモード表示灯が点灯していることを確認します。
  3. ★通常のモードに切り替える場合はもう一度スイッチを押します。

燃費向上のために・・・

停車時はシフトレバーを”N”の位置へ

Smoother-Fxでは、信号待ちなどの停車時に、シフトレバーを”D”、”M”または”R” の位置のままにしているとクリープ力が働いた状態が続くため、燃料消費が多くなります。 停車中は、シフトレバーを”N”の位置にすることをお奨めします!


こんなときにブザーが鳴ります!!

    ★印(音声警報装着車)はブザーでなく音声でお知らせします!!

  1. ★スタータースイッチが”ON”位置のときギヤが入ったままドアを開け、車から離れようとしたとき。
  2. ブレーキを効かせたままアクセルペダルを踏み続けたとき
  3. 坂道でアクセルペダルを踏み続けて停車しているとき。
  4. 不適切なギヤ段での走行を続けたときや、上がり坂を低速で走行したとき。
  5. オーバーランしたとき。
  6. 走行中にシフトレバーを”R”位置に操作したとき。
  7. 過度な発進・停止を繰り返したとき。
  8. ★長時間ギヤが入ったまま、パーキングブレーキを引き停車していたとき。
  9. ★パーキングブレーキを引いたまま走行したとき。
  10. オーバーランまたはアンダーランするギヤ段に変速しようとしたとき。(マニュアルモード)
  11. Smoother-Fxシステムが故障したとき。
  12. HSAアジャストスイッチを操作したとき。(Smoother-Fx半クラッチ調整時)
  13. ★Smoother-Fxオイルの温度が異常に高くなったとき。(音声警報のみ)

ページトップへ