ブル・ショベルドザー・パワーショベルの取扱い方法

HOME > サービス案内 > ブル・ショベルドーザー・パワーショベルの取扱方法

運転者の資格

  • 機体重量3トン以上の建設機械の運転は「車輌系建設機械運転技能講習」、3トン未満は「小型建設機械特別教育」を受講し修了証を取得した人に限られます。
  • 道路交通法の適用を受ける道路上の運転には、運転免許が必要です。(車検取得車)

作業前

  • 油・水もれの点検
  • 各部ボルト・ナットのゆるみ点検・増締め
  • 電気配線の断線・ショート、ターミナルのゆるみ点検
  • 冷却水量の点検・補給
  • 燃料量の確認
  • 油量点検・補給(エンジンオイル・作動油)
  • 操行ペダルのストローク点検
  • メインクラッチペダルの遊び点検
  • 燃料、潤滑油、冷却水の点検

    燃料、潤滑油、冷却水などの量を点検します。点検、補給するときは、タバコやマッチなどの裸火を近づけてはいけません。必ず消してください。

    給油するときは、風上に立って、給油ノズルを確実に差し込んでから給油、 また、給油水のキャップを確実に締めてください。

  • 車の管理

    車の点検整備を、こまめに行ない、燃料、潤滑油、油圧系統からの 洩れや各部品のゆるみ、破損、紛失等を点検します。

  • 作業機、操作レバーの確認

    始動前に…作業機や各操作レバーの位置を確認してください。

    1. 変速レバーを中立位置にする。
    2. 変速レバー用セーフティレバーをロック位置にする。
    3. 作業機を地面に降ろしてあるか確認し、作業レバーを中立位置にする。
  • 始動
    1. キーをSTART(始動)に入れてエンジンを始動。
    2. 始動したらキーをON(入)にもどします
      (自動的にもどる)。

作業中

作業中の運転は、次のことに気をつけてください。

  • 埋設物への注意
  • 後進、旋回時の注意

    埋設物(水道、ガス管など)があると思われるときは、埋設物の管理会社に確認するとともに、他の方法でためし掘りをし、埋設物の有無、位置を確認してから、注意深く作業してください。

  • 後進、旋回時の注意

    後退するときや旋回するときは、周囲に誰もいないことを確認してください。作業には他の人を近づけないことです。 また、障害物にも注意してください。

  • 坂の途中で方向返還しない

    坂の途中で方向を変えることは、転倒や横すべりの原因になります。とく に地盤の軟かいところでは、履帯のスリップで地面が削られた

  • 車の停止、エンジン停止

    車の停止、エンジン停止

    1. ブレーキロックをかける。
    2. 変速レバーを中立にする。
    3. 変速レバー用セーフティレバーをロック位置にする。(トルクフロー車、ハイドロシフト車)
    4. 作業機を地面に降ろし、操作レバーを保持位置にロックする。

その他の注意事項

  • 水温の高いとき

    水温の高いときは、キャップをはずさないでください。熱湯がふき出すことがあります。

  • 寒冷地の場合

    寒冷地では、固い乾燥した地面に駐車し、足回りが地面に凍りついて、 翌朝、動けなくなるのを防ぎます。
    油圧シリンダのピストンロッド表面についた水滴は、拭きとってください。

  • 不凍液の混入比

    温 度(−℃) −10 −15 −20 −25 −30
    不凍液の混入量 25% 30% 32% 35% 40%

ページトップへ